旅行・訪問記

日本一のモグラ駅へ@週末パスの旅(Part1)

投稿日:2016年10月4日

先日、週末パスを使用して、新潟方面へ旅をして参りました。

まず行った先は「日本一のモグラ駅」として有名な秘境駅、JR上越線の土合(どあい)駅。

また、土合駅は「関東の駅百選」にも認定されている。

 

東京から土合への主なアクセス方法は以下の通り。

■アクセス方法1(新幹線利用)

1.上越新幹線で東京から越後湯沢へ(約1時間20分)

2.越後湯沢で上越線に乗り換え、土合へ(約20分)

■アクセス方法2(新幹線利用せず)

1.高崎線で東京から高崎へ(約2時間)

2.高崎で上越線に乗り換え、水上へ(約1時間)

3.水上で更に上越線に乗り継ぎ、土合へ(約8分)

注意)上越線の運行本数は少ないので、電車の発車時間は事前に調べておくことを推奨。

 

今回は、上記「アクセス方法1」を選択。

(週末パスは特急券を別途購入すれば、新幹線も利用可能)

【画像】土合駅の位置

【画像】土合駅の位置

 

越後湯沢から上越線に約20分程乗車し、土合駅に到着。

土合駅は、上りホーム(水上方面)が地上に、下りホーム(越後湯沢方面)が地下に存在している。

土合駅は、駅舎がある地上と下り地下ホームとで70メートルの高低差があるのが大きな特徴である。

【画像】土合駅上りホームに停車中の上越線(水上行き)

【画像】土合駅上りホームに停車中の上越線(水上行き)

写真を見て分かる通り、ホームは結構長い。

【画像】土合駅上りホームから水上方面を臨む

【画像】土合駅上りホームから水上方面を臨む

土合駅の駅舎。三角状の屋根が特徴。

【画像】土合駅 駅舎

【画像】土合駅 駅舎

駅舎入口にぶら下がっている看板。

ちなみに、駅前に車が何台が停まっており、電車利用客以外に土合駅に訪れている人々がちらほら見かけられた。

さすがは秘境駅といったところか。

【画像】駅舎入口にある看板「ようこそ日本一のモグラえき土合へ」

【画像】駅舎入口にある看板「ようこそ日本一のモグラえき土合へ」

 

さて、越後湯沢へUターン、再び上越線に乗車。

もし、次の電車まで間があるので時間をつぶしたい場合、土合駅から徒歩数分の場所にある「谷川岳ドライブイン」という施設を訪れるとよいかも。そこでは、食事やお土産購入が出来る。

 

土合駅の大きな見所、地下にある下りホームへ向かうのだが、改札口から下り地下ホームに行くには徒歩10分程かかる。

【画像】下り地下ホームに続く通路

【画像】下り地下ホームに続く通路

ひたすら直進。

静まった夜とか薄暗い中(電灯はあるにしても)で一人で歩いたら怖いかも。笑

【画像】下り地下ホームに続く通路2

【画像】下り地下ホームに続く通路2

扉が見えてきた。何が待ち受けているのだろうか。ワクワクしてくる。

【画像】下り地下ホームに続く通路3

【画像】下り地下ホームに続く通路3

扉を開けると、外の明かりで明るくなり開けた雰囲気に。

ここから下を見下ろすと、交差する湯檜曽川を見ることが出来る。

【画像】下り地下ホームに続く通路4

【画像】下り地下ホームに続く通路4

いよいよ地下ホームに続く階段に到着。

ダンジョンの入口みたいだ。笑

【画像】下り地下ホームへの階段入口

【画像】下り地下ホームへの階段入口

胸を高鳴らせながら、階段を下っていく。

これは駅というより、もはやアトラクションだ!

この階段、全462段、長さ338メートルもあるというから驚き。

【画像】下り地下ホームへの階段

【画像】下り地下ホームへの階段

やっと階段を下り終えた。

降りてきた道を見上げてみると、さすがは462段。長い。

【画像】下り地下ホーム階段終点

【画像】下り地下ホーム階段終点

地下ホームに到着。

【画像】土合駅 駅標

【画像】土合駅 駅標

なんとなく、ジェットコースターが入線してきそうなホーム。そんな雰囲気。

【画像】下り地下ホーム

【画像】下り地下ホーム

ホーム上には待合室とお手洗いもあり。

ちなみに、ホーム上は結構冷えるので、長居する場合は半袖だけでは少々キツいかも。

【画像】下り地下ホーム2

【画像】下り地下ホーム2

土合のモグラツアーは終わり、越後湯沢駅に到着。

土合駅は、今までに見たことが無い、非常に面白い駅でした。

【画像】越後湯沢駅に停車中の上越線(長岡行き)

【画像】越後湯沢駅に停車中の上越線(長岡行き)

続いては、現美新幹線で新潟へ

Sponsored Link
Sponsored Link

-旅行・訪問記


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

伊勢・飛騨地方・金沢の旅(Part2)@2017年度・お伊勢参り2日目、そして下呂へ

◇伊勢・飛騨地方・金沢の旅 Part2◇ 前回:伊勢・飛騨地方・金沢の旅(Part1)@2017年度・お伊勢参り   旅行2日目。前日のお伊勢参りの続きからスタートである。 まずは、月夜見宮 …

青春18きっぷの旅 −2018年・春編−【番外編】

「青春18きっぷの旅 −2018年・春編−」番外編 >前回(Part2)はこちら 青春18きっぷ4回分をもって大阪遠征は終了したが、1回分余ったので、ふと思い立ち、総武本線で銚子まで日帰りの旅へ。 総 …

近郊ぶらり旅 〜我孫子・取手・守谷〜

ふと思い立って、電車で旅をしたくなるときがある。 遠出とまでは言わないが、ちょっとした旅の気分を味わうために、普段あまり利用しない路線で、ぶらりと出掛けてみることにした。 今回のルートは以下の通り。 …

出雲〜南紀経由〜伊勢の旅(Part4)@お伊勢参り

出雲〜南紀経由〜伊勢の旅(Part4)、今回が最終回。 紀伊勝浦から特急ワイドビュー南紀に乗り、伊勢市方面を目指す。 紀伊勝浦〜伊勢市間は直通ではないので、多気駅で参宮線(鳥羽・伊勢市方面)に乗り換え …

日高本線〜襟裳岬の思い出

日高本線。北海道の苫小牧駅と様似駅を結ぶ路線である。 苫小牧〜様似間を約3時間半かけて運行し、全長は146.5km、旅客駅数は29駅に及ぶ。 【画像】日高本線 路線図 日高本線の現状。一部廃線へ 日高 …

プロフィール


当サイトへのご訪問ありがとうございます。当方は鉄道が趣味であり、鉄道のコラムや旅行、お得な切符に関することを発信しています。

サイト内検索

Sponsored Link