鉄道コラム

三江線(JR西日本)廃線へ

投稿日:2016年9月9日

JR西日本の三江線(さんこうせん)が廃線となる模様。

(鉄道事業の廃止届出は2016年9月末までに行われ、2017年9月に全線で廃止予定)

自分は三江線には乗車したことはないのだが、留萌本線に続き、また一つ、歴史ある路線が消えていくのは寂しい限り。

その三江線にスポットを当ててみることにする。

 

三江線とは?

三江線とは、島根県の江津駅(ごうつ)と広島県の三次駅(みよし)を結ぶJRの路線。

江の川に沿って運行されることから、通称「江の川線」と呼ばれる。

【画像】三江線路線図

【画像】三江線路線図

路線の全長は108kmで、全区間単線、全区間普通列車(各駅停車)による運行である。

他路線との乗換駅は、起点・終点である江津駅と三次駅のみであり、江津駅では山陰本線、三次駅では芸備線と福塩線に乗り換えることが出来る。

江津〜三次間の所要時間は、約3時間半。

列車の運行本数は上下線ともに一日8本程度で、一部列車は山陰本線の浜田駅まで直通運転を行っている。

 

三江線の廃線事情

道路整備やマイカー利用拡大により、列車の利用者数が人口減を上回る状況が続いている。

2006年と2013年には、豪雨の影響による長期間運休が発生しており、自然災害発生リスクの高まりも看過できないことからの廃線の決断であった。

 

利用者数の減少もさることながら、

「何度か災害に見舞われる」→「復興に伴い、膨大な額がかかる」

ということが何度も発生しては、会社としても路線維持は厳しいのでしょう。

 

沿線に住む住民の方からすれば貴重な足であり、かつ地域のシンボルであっても、

利用者数の減少が進む路線の廃止は今後も増えていくのかもしれない。。

Sponsored Link
Sponsored Link

-鉄道コラム


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

九州地方を走るバラエティ豊かな特急列車たち

九州地方では、バラエティ豊かな特急列車が多数運行されている。それはまさに「特急王国」と言っても過言ではないかもしれない。そんな見るものを楽しませてくれる九州の特急列車の一部を紹介して行こう。 目次1 …

身近で間近な北海道に

この記事を書いている時点でいよいよ明日、JRダイヤ改正です。 前回の記事で書いた通り、話題を呼んでいるのは「北海道新幹線」と言っても過言ではないでしょう。 インターネットの路線検索で調べたら、東京から …

no image

迫る!2016ダイヤ改正(JR東日本)

3月26日(土)に迫った、JRのダイヤ改正。 2015年は、北陸新幹線、上野東京ラインの開業で賑わいましたが、2016年も大きな改正がありますね。 いくつかある改正の内、3つリストアップして紹介します …

no image

【発売は3月31日まで】青春18きっぷ@2016春季編

毎季、毎年、青春18きっぷを使って旅をしようと思って、結局旅せず仕舞いが続いていましたが、今回(2016春季)こそは、施行しようと計画中です。 ・・・と思っていたら、青春18きっぷ春季編の発売は、今月 …

グリーン車に乗ろう(首都圏・普通列車編)

「グリーン車?お金かかるんでしょ?」 といって、スルーするのは、もったいない。 たまにはグリーン車で優雅な移動を楽しんでみませんか? グリーン車とは、どのようなもの? 首都圏の普通列車グリーン車限定で …

プロフィール


当サイトへのご訪問ありがとうございます。当方は鉄道が趣味であり、鉄道のコラムや旅行、お得な切符に関することを発信しています。

サイト内検索

Sponsored Link