旅行・訪問記

【4日目(最終日)】青春18きっぷ(春)@福山城、倉敷美観地区

投稿日:2016年4月10日

前回:【3日目】青春18きっぷ(春)@草津(滋賀県)~姫路城~福山(広島県)

青春18きっぷ(春)旅行の4日目。この日が最終日です。

東京を出て3日目で、新幹線と特急列車を利用せずに、広島県(福山市)まで来ましたが、青春18きっぷでこんなに遠くに来たのは今回が初めてです。

福山から更に西へ、一気に下関まで行ってしまうか?(福山から6時間くらいかかる)

・・・とも考えましたが、倉敷まで戻り、倉敷美観地区を観光することにしました。

img_2016041002

【画像】行程マップ(福山~岡山~東京) ※利用素材:CraftMap 白地図(http://www.craftmap.box-i.net/)

倉敷に向かう前に、福山城を見学。福山城は福山駅の目の前にあります。この日は晴天に恵まれました。

img_2016041003

【画像】福山城公園内から城を臨む

天守閣に登ってみました。城の入り口のところにコインロッカーがあったので助かりました。荷物背負いながら急な階段を登るのはシンドイので。笑。

福山城の最上階からは、福山市内を見渡すことが出来ます。

img_2016041004

【画像】福山城の最上階から駅方面を望む

福山城の観光も終わったので、山陽本線で倉敷まで戻ります。福山から倉敷までは約40分程で到着。

観光地ということもあってか、倉敷駅の周辺は栄えています。駅も大きく立派です。ただし、新幹線の駅はありません。(新幹線との連絡は新倉敷駅です。新倉敷駅は新幹線単独駅ではなく、山陽本線も停まります。)

img_2016041005

【画像】倉敷駅(南口側)

倉敷美観地区は、倉敷駅から徒歩で約15分程です。昔ながらの伝統的な建築物が立ち並ぶ地区であり、お土産も多数あります。

img_2016041006

【画像】倉敷美観地区1

倉敷川沿いには桜がほんのり咲いていました。とても落ち着く雰囲気。

ちなみに、プロ野球で選手・監督として活躍された星野仙一氏は、倉敷出身なのですね。今回は行きませんでしたが「星野仙一記念館」があり、知りました。

img_2016041007

【画像】倉敷美観地区2

倉敷美観地区内にある「大原美術館」に行ってみました。入場券で、本館、分館、工芸・東洋館、児島虎次郎記念館を見学することができます。中々のボリューム。

入り口で手荷物を預かってくれるサービスがあるので、荷物を預け、ゆったりと見学することが出来ました。見どころが多く、思っていたより楽しめました。

img_2016041008

【画像】大原美術館 分館

倉敷美観地区の観光が終わり、山陽本線で倉敷から岡山へ。乗車時間は約20分。

img_2016041009

【画像】岡山駅の駅名標

さて、ここで迷いました。

何を迷ったかというと、この日に帰路に着くことは決めていたのですが、岡山から新幹線に乗り、さくっと東京に向かうか、それとも、山陽本線で18きっぷで行けるところまで東に向かうか。

結果、前者を選択。

18きっぷの効果を活かすなら、後者の選択もありと考えたのですが、自分のポリシーがそれを拒みました。

そのポリシーというのが、「旅行中に一度利用した区間を利用しないこと」。

(既に、福山~倉敷を二度利用しているやん、というツッコミが入りそうですが、そこは置いといて・・・。)

自分の中のルールというよりは、同じ区間を利用するのがただ単に面白くないからです。(また同じ路線で来た道を戻るの?って思ってしまいます。まぁ、止む無くそうすることももちろんあります。)

その為、岡山から新幹線に乗り、青春18きっぷを利用しての旅は、岡山で終了ということになりました。

img_2016041010

【画像】岡山駅に停車するレールスター車両(博多方面のホーム)

岡山駅の新幹線ホーム。向かい側の博多方面のホームに、レールスター車両が来たので、思わず撮影。レールスターは、今は「こだま」でも運用されているようですね。

img_2016041011

【画像】ひかり号 東京行き

岡山始発の「ひかり」で帰ることにしました。岡山から東京までは「ひかり」で4時間20分程。のんびり帰ります。(ちなみに「のぞみ」だと更に1時間早い3時間20分程で東京に着けます。)

ずっと在来線の普通列車(新快速とかも乗りましたが)に乗っていたので、新幹線の早いこと。笑。

新幹線の凄さ・便利さを改めて、感じました♪

 

さて、今回の旅は、西に向かうというざっくり計画だけで、ほぼ行き当たりばったりな感じでした。事前に本当に行くつもりで決めていたのは、名古屋の「リニア・鉄道館」くらいです。

自分は、旅行に行くときは大抵、時間単位で細かくスケジュールを立てるのですが、たまにはこういうのもいいか(笑)と思いました。

青春18きっぷの効力は活かしきれてないと思いますが、18きっぷ値段の元は取れており、自分のセオリーである「まったり旅」は出来たと思うので、結果良しな旅であったと思います。

次に青春18きっぷで旅するときは、しばらく「西」はいいかな?東北が有力ですかねぇ。これから考えます。

 

2016年の青春18きっぷ(春)の旅は、これにて終了です。

 

 

Sponsored Link
Sponsored Link

-旅行・訪問記


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

青春18きっぷ(春)で行く@東海、西日本へ

青春18きっぷで旅行してきました! 今回は3泊4日の旅。(青春18きっぷは5回分で1回分が未使用) 行き先は、東京を出発して西日本方面へ。途中に観光を織り交ぜながら、計4日間で広島県の福山市まで行って …

青春18きっぷの旅 −2018年・春編−【Part2】

「青春18きっぷの旅 −2018年・春編−」【Part2】 >前回(Part1)はこちら 今回は青春18きっぷの旅、3・4日目。関東方面への復路のルートとなる。 大阪城公園、豊國神社 3日目。大阪から …

出雲〜南紀経由〜伊勢の旅(Part3)@熊野三山めぐり

住吉大社の参拝が終わり、天王寺へ。阪堺電車の住吉鳥居前駅から約15分で天王寺駅前に到着。 次の目的地は、天王寺から阪和線・紀勢本線を経由し、和歌山県の紀伊勝浦を目指す。 前回:出雲〜南紀経由〜伊勢の旅 …

弥彦神社と上越妙高@週末パスの旅(Part3)

現美新幹線の旅の続き。 新潟駅近辺で一泊し、次なる目的地へ。 目的地は弥彦神社。弥彦神社の最寄り駅は弥彦線の弥彦駅。 出発地は新潟。弥彦への行き方は、新潟から越後線に乗車し、吉田で弥彦線に乗り換え。 …

海のみやこ 宮古(岩手県)

岩手県の海沿いに位置する宮古市の中心駅「宮古駅」。 以前に岩手旅行で宮古を訪れ、宮古駅が印象に残ったのを覚えている。 特に、夕暮れに映る水色の屋根の駅舎が非常に印象的であった。(以下写真参照) 【画像 …

プロフィール


当サイトへのご訪問ありがとうございます。当方は鉄道が趣味であり、鉄道のコラムや旅行、お得な切符に関することを発信しています。

サイト内検索

Sponsored Link