旅行・訪問記

青春18きっぷの旅 −2018年・春編−【Part1】

投稿日:2018年4月6日

青春18きっぷの春期の季節到来。

2016年の春以来、2年ぶりに青春18きっぷの旅をすることにした。

今回のルートは、出発は関東(千葉)、最西の目的地は大阪。それでは早速スタート!

中央本線 <高尾→甲府→塩尻→木曽福島>

1日目。青春18きっぷの出発駅は、総武本線の横芝駅(千葉県)。中央本線経由で、長野県の木曽福島駅を目指す。

青春18きっぷの旅 1日目ルート

青春18きっぷの旅 1日目ルート

【1日目】横芝駅 7:59発 → 高尾駅 10:59着

途中、総武線快速・総武線各駅停車・中央線快速を乗り継ぎ、3時間程で高尾駅に到着。

中央線快速(高尾駅)

中央線快速(高尾駅にて)

中央本線は、高尾駅を境に運行系統が分かれており、甲府・松本方面の中距離列車と、新宿・東京方面の中央線快速のほとんどの列車が当駅始発・終着となっている。

高尾駅から、中央本線普通列車・小淵沢行きに乗車。

中央本線普通列車(高尾駅)

中央本線普通列車(高尾駅にて)

【1日目】高尾駅 11:29発 → 甲府駅 13:00着

甲府駅で途中下車。甲府駅は、山梨県の駅では最多の利用者数を誇る県内の代表駅である。

甲府駅 南口側

甲府駅 南口側

甲府で昼食タイム。

甲府駅南口から歩いてすぐの場所にある「小作(こさく)」で、山梨名物「ほうとう」を頂く。

注文したのは小作さんの人気メニュー、野菜たっぷりの「かぼちゃほうとう」(^_^)/♪
(かぼちゃが甘くて美味!)

小作「かぼちゃほうとう」

小作「かぼちゃほうとう」

昼食タイムが終わり、再び甲府駅へ。

普通列車を待っている最中、特急「あずさ」が入線。
(18きっぷの旅なので、もちろん乗車しません。笑)

「あずさ」の後に入線してきた、普通列車・松本行きに乗車。

特急「あずさ」(甲府駅にて)

特急「あずさ」(甲府駅にて)

【1日目】甲府駅 14:43発 → 塩尻駅 16:35着

甲府駅から約1時間50分、塩尻駅に到着。

塩尻駅に到着した中央本線普通列車

塩尻駅に到着した中央本線普通列車

塩尻駅は、中央東線(新宿方面)・中央西線(名古屋方面)の境駅。

また、JR東日本と東海の境駅でもある。

塩尻駅 駅名標

塩尻駅 駅名標

塩尻駅から、中央本線(中央西線)普通列車・中津川行きに乗車。

中央本線普通列車・中津川行き(塩尻駅にて)

中央本線普通列車・中津川行き(塩尻駅にて)

【1日目】塩尻駅 17:05発 → 木曽福島駅 17:49着

塩尻駅から45分程で、1日目の最終目的地である木曽福島駅に到着。

木曽福島駅は、特急「しなの」が停車するほか、木曽地域としての観光等の拠点でもある。

木曽福島駅 駅舎

木曽福島駅 駅舎

1日目は、木曽福島駅周辺の旅館に宿泊。

<1日目の振り返り>
・出発→到着駅:横芝駅(千葉県)→ 木曽福島駅(長野県)
・移動距離  :347.5km
・乗車時間  :6時間56分(乗り換え・待ち時間含まず)

 

木曽福島「福島宿」

2日目。木曽福島駅を出発する前に、「福島宿・上の段」を散策。上の段地区には、江戸の雰囲気を感じさせる風情ある古い街並みが残る。

「福島宿・上の段」の街並みへのアクセスは、木曽福島駅から徒歩10分程。

木曽福島「福島宿」

木曽福島「福島宿」

中央本線 <木曽福島→中津川→名古屋>

2日目は、木曽福島駅からスタート。中央本線、関西本線経由で大阪を目指す。

青春18きっぷの旅 2日目ルート

青春18きっぷの旅 2日目ルート

木曽福島駅で電車を待っている際に目についたSL車両。駅舎の脇に展示されており、過去に中央西線で運行されていたものらしい。

木曽福島駅に展示されているSL

木曽福島駅に展示されているSL

2日目最初の列車。木曽福島駅から、普通列車・中津川行きに乗車。

中央本線普通列車(木曽福島駅にて)

中央本線普通列車(木曽福島駅にて)

【2日目】木曽福島駅 9:05発 → 中津川駅 10:14着

木曽福島駅から約1時間10分、中津川駅に到着。中津川駅は、地理上では、塩尻駅と名古屋駅の中間辺りに位置する。

中津川駅では運行系統が分離されており、各方面からの普通列車の大半が当駅止まりとなっている。

中津川駅 駅名標

中津川駅 駅名標

中津川駅から、快速列車・名古屋行きに乗車。中津川駅発の名古屋駅方面の列車は、特急列車(しなの)、普通列車よりも、快速列車の運行本数が多い。

中津川駅ホーム

中津川駅ホーム

【2日目】中津川駅 10:20発 → 名古屋駅 11:35着

中津川駅から快速列車で1時間15分、名古屋駅に到着。

名古屋駅 駅名標

名古屋駅 駅名標

名古屋駅から大阪方面へ向かうのだが、東海道本線は使わずに、関西本線を利用。関西本線快速列車・亀山行きに乗車。

名古屋駅 関西本線ホーム

名古屋駅 関西本線ホーム

関西本線 <名古屋→亀山→加茂>

【2日目】名古屋駅 12:06発 → 亀山駅 13:09着

名古屋駅から約1時間程で、亀山駅に到着。

亀山駅 駅名標

亀山駅 駅名標

亀山駅にて、加茂行きの普通列車に乗り換え。亀山駅での乗り換えは階段を渡る必要があり、乗り換え時間は5分のみ。加茂方面の乗り場には、既に列車(1両編成)が発車待ちしており、何とかギリギリ着席。

関西本線・加茂行き(亀山駅にて)

関西本線・加茂行き(亀山駅にて)

【2日目】亀山駅 13:14発 → 加茂駅 14:35着

加茂駅から約1時間20分、加茂駅に到着。亀山〜加茂間はロングシート座席の移動で、車窓からの景色をあまり堪能できず、少々疲れました (^_^;)

加茂駅 駅名標

加茂駅 駅名標

大和路線・学研都市線・JR東西線 <加茂→木津→大阪天満宮>

加茂駅から、大和路線で木津駅へ。木津駅までは1駅。

加茂駅ホーム

加茂駅ホーム

大和路快速(加茂駅にて)

大和路快速(加茂駅にて)

【2日目】加茂駅 14:45発 → 木津駅 14:51着

加茂駅から6分程で、木津駅に到着。

木津駅 駅名標

木津駅 駅名標

木津駅で学研都市線に乗り換え。JR東西線直通の快速列車・塚口行きに乗車。

木津駅ホーム

木津駅ホーム

【2日目】木津駅 14:58発 → 大阪天満宮駅 15:57着

木津駅から約1時間、2日目の宿泊先の最寄り駅、JR東西線の大阪天満宮駅に到着。

JR東西線 大阪天満宮駅

JR東西線 大阪天満宮駅

木曽福島駅を発ってから、既に7時間。道中、食事を摂る時間が無かったので、空腹気味 (@_@;)

やっぱり大阪に来たからには、美味しいものを食べないと!

・・・ということで、宿泊先に荷物を置いて、道頓堀へ繰り出すことに。

大阪「道頓堀、新世界」

道頓堀へは、地下鉄(大阪メトロ)で行くことに。この旅、初めての「青春18きっぷ」を使わない電車移動となる。

堺筋線 :南森町駅→日本橋駅(7分)
千日前線:日本橋駅→なんば駅(1分)

なんば駅から徒歩で道頓堀へ。春休み時期とはいえ、この日は平日にも関わらず凄い人出であった。

有名店「たこ焼き十八番」で並んでタコ焼きを購入。美味〜(^-^)/♪

道頓堀 かに道楽

道頓堀 かに道楽

道頓堀 グリコサイン

道頓堀 グリコサイン

道頓堀からブラブラと歩き、しばし散策。

「大阪の秋葉原」と言われる日本橋を通り、通天閣本通りに到着。そびえ立つ通天閣。なるほど、ここがそうなのか。新世界、通天閣には来る予定はなかったのだけど、何となく辿り着いてしまった(笑)

新世界の商店街には串かつ屋が立ち並ぶ。どこかのお店に入りたい気持ちはありつつも、道頓堀でお腹いっぱいになっていたので、新世界では串焼きは食べず。

通天閣

通天閣

新世界 商店街

新世界 商店街

新世界商店街を抜けると、JR新今宮駅が間近だったので、新今宮駅から大阪環状線に乗車。京橋駅でJR東西線に乗り換え、再び大阪天満宮駅へ。

2日目は、大阪天満宮駅周辺のホテルに宿泊。

<2日目の振り返り>
・出発→到着駅:木曽福島駅(長野県)→ 大阪天満宮駅(大阪府)
・移動距離  :316.7km(大阪メトロの移動は含まず)
・乗車時間  :6時間17分(乗り換え・待ち時間及び大阪メトロの乗車時間は含まず)

 

【Part2】へ続く・・・

Sponsored Link
Sponsored Link

-旅行・訪問記


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

出雲〜南紀経由〜伊勢の旅(Part4)@お伊勢参り

出雲〜南紀経由〜伊勢の旅(Part4)、今回が最終回。 紀伊勝浦から特急ワイドビュー南紀に乗り、伊勢市方面を目指す。 紀伊勝浦〜伊勢市間は直通ではないので、多気駅で参宮線(鳥羽・伊勢市方面)に乗り換え …

出雲〜南紀経由〜伊勢の旅(Part3)@熊野三山めぐり

住吉大社の参拝が終わり、天王寺へ。阪堺電車の住吉鳥居前駅から約15分で天王寺駅前に到着。 次の目的地は、天王寺から阪和線・紀勢本線を経由し、和歌山県の紀伊勝浦を目指す。 前回:出雲〜南紀経由〜伊勢の旅 …

東北・新潟沿岸を巡る旅(Part3)@世界遺産・平泉(中尊寺)

■東北・新潟沿岸を巡る旅 Part3■ 前回:東北・新潟沿岸を巡る旅(Part2)@猫のいる島・田代島   今回の出発の地は、岩手県の一ノ関。 途中、世界遺産・平泉を観光し、盛岡を経由して宮 …

世界遺産・石見銀山散策

今回の行き先は、石見銀山。石見銀山とは、出雲市と同じ島根県内にある鉱山遺跡である。2007年に「石見銀山遺跡とその文化的景観」として世界遺産登録された。 前回:2017出雲大社(縁結大祭)参拝+玉造温 …

日高本線〜襟裳岬の思い出

日高本線。北海道の苫小牧駅と様似駅を結ぶ路線である。 苫小牧〜様似間を約3時間半かけて運行し、全長は146.5km、旅客駅数は29駅に及ぶ。 【画像】日高本線 路線図 日高本線の現状。一部廃線へ 日高 …

プロフィール


当サイトへのご訪問ありがとうございます。当方は鉄道が趣味であり、鉄道のコラムや旅行、お得な切符に関することを発信しています。

サイト内検索

Sponsored Link