お得きっぷ・格安プラン

東京近郊の休日のおでかけに〜休日おでかけパス

投稿日:

休日に都心から少し遠出をしたい場合など、東京近郊のお出かけにお得で便利なフリーきっぷがある。そのきっぷの名は「休日おでかけパス」である。

休日おでかけパスの特徴

休日おでかけパス」とは、東京近郊のフリーエリア内のJR線普通列車(快速含む)普通車自由席、東京臨海高速鉄道線(りんかい線)全線、東京モノレール線全線が乗り降り自由のきっぷである。

【フリーエリア】

フリーエリアでは、以下路線の乗り降りが自由となる。

  • JR在来線全線
  • 東京臨海高速鉄道線(りんかい線)全線
  • 東京モノレール全線

フリーエリア内の新幹線(東海道新幹線は利用不可)・特急列車・普通列車グリーン車も、特急券等を別途購入すれば利用可能である。

休日おでかけパス フリーエリア

休日おでかけパス フリーエリア

【価格】

大人:2,670円、小児:1,330円
※2018年2月現在の価格

【発売期間】

通年
※利用当日の購入可

【有効期間】

1日間

【利用期間】

土休日および
4月29日~5月5日、7月20日~8月31日、12月29日~1月3日の毎日

休日おでかけパスを利用した行程例

「休日おでかけパス」を利用するからには、最低限その金額(2,670円)の元を取るくらいは使いたいもの。行程の例をいくつか挙げていこう。

【行程例1】

フリーエリア内の往復移動だけで「休日おでかけパス」の金額の元が取れる区間の例

※以下は乗車券を通常購入した場合の運賃額(IC優先の額)

  • 新小岩(総武線)〜 奥多摩(青梅線
    *<片道>1,414円/<往復>2,828円
  • 四ッ谷(中央線)〜 大月(中央本線)
    *<片道>1,490円/<往復>2,980円
  • 新橋(東海道線 etc)〜 小田原(東海道線)
    *<片道>1,490円/<往復>2,980円
  • 君津(内房線)〜 御茶ノ水(中央線・総武線)
    *<片道>1,490円/<往復>2,980円
  • 大森(京浜東北線)〜 土浦(常磐線)
    *<片道>1,490円/<往復>2,980円

【行程例2】

フリーエリア内の片道移動だけで「休日おでかけパス」の金額の元が取れる区間の例

※以下は乗車券を通常購入した場合の運賃額(IC優先の額)

  • 大月(中央本線)〜 成田空港(成田線)
    *<片道>3,024円/<往復>6,048円
    *高尾〜成田空港間で成田エクスプレス利用可(別途特急券購入)
  • 小山(宇都宮線)〜 小田原(東海道本線)
    *<片道>3,024円/<往復>6,048円
    *東京〜小山間で新幹線利用可(別途特急券購入)
  • 本庄(高崎線)〜 小田原(東海道本線)
    *<片道>3,024円/<往復>6,048円
    *熊谷〜東京間で新幹線利用可(別途特急券購入)
  • 神保原(高崎線)〜 茂原(外房線)
    *<片道>3,024円/<往復>6,048円
    *熊谷〜東京間で新幹線利用可(別途特急券購入)

【行程例3

フリーエリアの範囲内と範囲外の間を往復する場合(フリーエリアの終端駅から範囲外の目的地の駅までの運賃は別途支払い)

※「休日おでかけパス」はフリーエリアの範囲外の駅では購入不可なので注意
※以下(a)は乗車券を通常購入した場合の往復運賃(IC優先の額)
※以下(b)は「休日おでかけパス」の金額(2,670円)とフリーエリア範囲内の終端駅から範囲外の目的地駅間の往復運賃(IC優先の額)を合計した額

  • 東京 〜 高崎(在来線を利用する場合)
    *(a)<往復>3,888円 →(b)<往復>2,907円
    *神保原〜高崎間は運賃を別途支払い(清算)
  • 東京 〜 高崎(新幹線を利用する場合)
    *<往復>3,888円(+特急券)→(b)<往復>3,310円(+特急券)
    *本庄早稲田〜高崎間は運賃を別途支払い(清算)
  • 東京 〜 宇都宮(在来線を利用する場合)
    *<往復>3,888円 →(b)<往復>3,318円
    *自治医大〜宇都宮間は運賃を別途支払い(清算)
  • 東京 〜 宇都宮(新幹線を利用する場合)
    *<往復>3,888円(+特急券)→(b)<往復>3,670円(+特急券)
    *小山〜宇都宮間は運賃を別途支払い(清算)
  • 東京 〜 熱海
    *<往復>3,888円 →(b)<往復>3,490円
    *小田原〜熱海間は運賃を別途支払い(清算)
    *東海道新幹線は利用不可
  • 新宿 〜 甲府
    *<往復>4,536円 →(b)<往復>4,354円
    *大月〜甲府間は運賃を別途支払い(清算)
    *特急「あずさ」「かいじ」利用可(別途特急券購入)

以上は行程例であるが「休日おでかけパス」の活用方法はいくらでもある。別に遠くまで行かなくても、東京都区内の駅を何度も乗り降りするだけでもよい。

皆さんも是非、自分に合った行程で「休日おでかけパス」の旅を楽しんでいただきたい。

Sponsored Link
Sponsored Link

-お得きっぷ・格安プラン


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

夏の関西1デイパスで京都大原、高野山、赤目四十八滝へ

夏の関西、有名な観光スポットへ、そして大阪近郊をJRでぶらり。そんな旅に適したお得な切符、「夏の関西1デイパス」を紹介していこう。 「夏の関西1デイパス」の概要 「夏の関西1デイパス」とは、JR西日本 …

夏休みに「JR東日本30周年記念パス」でお得な旅を

初夏の陽気が感じられる今日この頃。世間一般で言われる「夏休み」の時季もあっという間に訪れるであろう。その夏休み期間に、JR東日本エリアをお得に周ることが出来る「JR東日本30周年記念パス」が発売される …

縁結びパーフェクトチケットで出雲・松江をお得に周る

縁結びの地、山陰地方の「出雲路」。そこには出雲大社をはじめ、様々なスポットが点在している。 その山陰・出雲路をお得に周れる便利な切符がある。その名も「縁結びパーフェクトチケット」である。 縁結びパーフ …

南房総フリー乗車券@千葉の人気観光地「南房総」へ

(2018/2/10 更新!) 観光そして地方からの移住先として人気の千葉県南房総。そんな南房総を列車で自由に周ることができる「南房総フリー乗車券」というお得なフリー切符が存在する。「南房総フリー乗車 …

夏に使えるフリー切符とムーンライト信州&ながら

夏休みシーズンに入り、電車に乗って遠出を・・・と計画している方も多いと思われるが、旅費はなるべく抑えて、行きたい場所自由に周りたいところ。そんなときに活躍するのが、フリー切符(フリーパス)である。 フ …

プロフィール


当サイトへのご訪問ありがとうございます。当方は鉄道が趣味であり、鉄道のコラムや旅行、お得な切符に関することを発信しています。

サイト内検索

Sponsored Link