旅行・訪問記

2018年初詣・武蔵御嶽神社を参拝

投稿日:2018年1月4日

年が明けて2018年。

今年最初の旅は、東京都青梅市にある「武蔵御嶽神社」へ初詣。

武蔵御嶽神社(むさしみたけじんじゃ)は、東京都青梅市(武蔵国多磨郡)にある神社。武蔵御岳山の山上に鎮座する。櫛真智命などを祀る。中世以降、山岳信仰の霊場として発展し、武蔵・相模に渡る信仰圏を獲得した。式内大麻止乃豆天神社という説があり、旧府社である。現在は神社本庁に属していない単立神社である。犬を祀っている所から、願掛けのため、犬を連れた参拝客が近年増えている。(Wikipediaより抜粋)

まずは、青梅線の御嶽駅まで行くため、東京駅から中央線・青梅特快に乗車。

中央線快速(東京駅にて)

中央線快速(東京駅にて)

東京駅から1時間40分。青梅駅から奥多摩行きの普通列車に乗り継ぎ、御嶽駅に到着。

御嶽駅 構内

御嶽駅 構内

御嶽駅は、武蔵御嶽神社のほか、御岳山・高水三山などへのハイキングの入口でもある。

駅前から発着している路線バスに乗車し、御岳登山鉄道(ケーブルカー)の駅を目指す。路線バスの中は、御岳山へ向かう客でほぼ満員状態であった。

御嶽駅 駅舎

御嶽駅 駅舎

御嶽駅から10分程で終点の「ケーブル下停留所」に到着。バス停から5分程歩き、ケーブルカーの滝本駅へ。

ケーブルカー 滝本駅

ケーブルカー 滝本駅

ケーブルカーは、滝本駅と山頂の御岳山駅間を6分程で結んでおり、駅間の距離は1.107km、標高差423.6m、最大勾配斜度25度の急勾配となっている。

ケーブルカー車内

ケーブルカー車内

山頂の御岳山駅に到着。

御岳山駅に到着したケーブルカー

御岳山駅に到着したケーブルカー

御岳山駅の標高は831m。駅には、売店・喫茶店が併設されており、駅周辺にもお土産屋やお食事処も数件立ち並んでいる。

ケーブルカー 御岳山駅

ケーブルカー 御岳山駅

御岳山駅から見渡した景色。さすが標高831mといったところか、かなり上の方まで登ってきたことが分かる。そして、山の上だけあって結構寒い。(^_^;)

御岳山駅前から見渡した景色

御岳山駅前から見渡した景色

「御岳山へようこそ」と書かれた歓迎ゲートをくぐり、いざ武蔵御嶽神社の参道へ。

武蔵御嶽神社参道入口

武蔵御嶽神社参道入口

武蔵御嶽神社の鳥居と手水舎に到着。途中の上り坂に一苦労。だがしかし、その先に見えるのは上り階段。まだまだ続く。

武蔵御嶽神社 鳥居

武蔵御嶽神社 鳥居

手水舎が凍っていました。まぁ、この寒さじゃあね。(^_^;)

手水舎

手水舎

階段を上る上る。途中の椅子で休憩している人の姿も。あとどれくらい登れば境内にたどり着けるのだろうか。

武蔵御嶽神社 参道

武蔵御嶽神社 参道

御岳山駅から20~30分くらい掛かっただろうか。ようやく、境内に到着。

苦労した分、冬の澄みきった青空が広がる景色の素晴らしさは格別である。

武蔵御嶽神社 境内から見渡した景色

武蔵御嶽神社 境内から見渡した景色

早速、参拝。

犬を祀っている神社のため、犬連れの参拝客もちらほら見受けられる。

人手はそれ程ごった返してはおらず、むしろ少ないほうだと思うので、参拝しやすい。

武蔵御嶽神社 参拝殿

武蔵御嶽神社 参拝殿

本殿を囲うように鎮座している摂社群。様々な神様にお参りすることができる。

武蔵御嶽神社

武蔵御嶽神社

本殿後方に位置する大口真神社(おおくちまがみしゃ)。御嶽神社の眷属である狼を祀っており、社の両端にはそれぞれ狼の像が建っている。

大口真神社 狼の像

大口真神社 狼の像

大口真神社の後方にある奥宮遥拝所。ここから奥宮を遥拝できる。奥宮へは境内から更に40分程かかるらしいので、今回は遥拝だけとした。

奥宮遥拝所

奥宮遥拝所

参拝が終わり、今度は山下り。

往路と同じルートでは味気ないので、ケーブルカーの滝本駅まで徒歩で戻ることにした。

ケーブル下への山道

ケーブル下への山道

山道入口からケーブル下の滝本駅までは約2.8km。

しばらく坂を下ると、ケーブルカーの線路が見えてきた。線路の下を横切り、山下りは更に続く。

ケーブル下への山道

ケーブル下への山道

「なかみせ」という立て看板が見えてきた。ここが中間地点であるらしい。

ここまでは余裕だったが、下り坂が腰に堪えてきた。(^_^;)

ケーブル下への山道(中間地点)

ケーブル下への山道(中間地点)

大体30分くらいかけて下山。

逆に上るとなると、かなり大変だな、これは。。でも、山の自然を満喫できるので楽しめると思う。

もし、上る場合はそれなりの覚悟と準備を!

山道出口(ケーブルカー滝本駅方面)

山道出口(ケーブルカー滝本駅方面)

再び、御嶽駅。タイミングよく「ホリデー快速おくたま号・東京行き」が来たので、乗車し、帰路に就く。

初詣と自然散策(山道)を一緒にできて、楽しい旅ができた。

御嶽駅

御嶽駅

2018年も良い年になりますように。

武蔵御嶽神社 破魔矢

武蔵御嶽神社 破魔矢

Sponsored Link
Sponsored Link

-旅行・訪問記


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

出雲〜南紀経由〜伊勢の旅(Part4)@お伊勢参り

出雲〜南紀経由〜伊勢の旅(Part4)、今回が最終回。 紀伊勝浦から特急ワイドビュー南紀に乗り、伊勢市方面を目指す。 紀伊勝浦〜伊勢市間は直通ではないので、多気駅で参宮線(鳥羽・伊勢市方面)に乗り換え …

2017出雲大社(縁結大祭)参拝+玉造温泉

神在月に合わせた、年に1度の出雲大社参拝。 神在月とは、八百万の神々が出雲の国に集まる月のこと。神在月に斎行される「縁結大祭」に参加するために、いざ、出雲へ出発。 出雲へは飛行機で向かう。羽田空港から …

最北端と最南端

日本の最北端と最南端の鉄道駅について紹介。 最北端が北海道の「稚内駅」、最南端が鹿児島県の「*西大山駅」です。 *厳密には、西大山駅は「JR日本最南端」の駅。沖縄都市モノレール線の赤嶺駅が日本最南端。 …

福島県、会津・喜多方の旅(1/2)

福島県の会津・喜多方の1泊2日の旅。 往路は東武日光線・鬼怒川線、野岩鉄道会津鬼怒川線、会津鉄道会津線を経由し、会津若松へ。その後、磐越西線で喜多方に立ち寄った後、郡山へ向かい、東北新幹線で帰路に就く …

海のみやこ 宮古(岩手県)

岩手県の海沿いに位置する宮古市の中心駅「宮古駅」。 以前に岩手旅行で宮古を訪れ、宮古駅が印象に残ったのを覚えている。 特に、夕暮れに映る水色の屋根の駅舎が非常に印象的であった。(以下写真参照) 【画像 …

プロフィール


当サイトへのご訪問ありがとうございます。当方は鉄道が趣味であり、鉄道のコラムや旅行、お得な切符に関することを発信しています。

サイト内検索

Sponsored Link