旅行・訪問記

伊勢・飛騨地方・金沢の旅(Part4)@最終日〜金沢・兼六園、21世紀美術館へ

投稿日:2017年11月7日

◇伊勢・飛騨地方・金沢の旅 Part4◇

前回:伊勢・飛騨地方・金沢の旅(Part3)@高山と世界遺産・白川郷へ

 

伊勢・飛騨地方・金沢の旅・最終日。金沢からスタート。

行先は、金沢のメジャー観光地、兼六園と21世紀美術館。金沢駅から兼六園シャトルバスに乗り、まずは兼六園へ。

【画像】金沢駅

【画像】金沢駅

兼六園に到着。

兼六園は、国の特別名勝に指定されている日本庭園であり、金沢を代表する観光スポットでもある。

【画像】兼六園入口

【画像】兼六園入口

眺望台からは、白山山系の一部、戸室山、医王山などの山脈のほか、金沢市街地、加賀平野を見渡すことができる。(写真があまりよろしくない。苦笑)

【画像】兼六園 眺望台

【画像】兼六園 眺望台

根がせり上がった奇観が特徴的な根上松。13代藩主・前田斉泰が、若松を高い盛土に手植えし、徐々に土を除いて根をあらわしたものと伝えられる。

【画像】兼六園 根上松

【画像】兼六園 根上松

日本武尊(やまとたけるのみこと)の銅像。

明治10年(1880年)に西南戦争で戦死した郷土出身の将兵を祀った記念碑。なぜ「日本武尊」の像なのか?というのは様々説がある模様。

【画像】兼六園 日本武尊(やまとたけるのみこと)の像

【画像】兼六園 日本武尊(やまとたけるのみこと)の像

霞ヶ池。兼六園内で最も大きな池である。霞ヶ池の周辺には、栄螺山、内橋亭、徽軫灯籠、虹橋、唐崎松、蓬莱島といった名称が配置されており、廻遊しながら四季折々の庭景を楽しめるよう配慮されている。

【画像】兼六園 霞ヶ池

【画像】兼六園 霞ヶ池

19世紀中ごろに作られた日本で最古の噴水。霞ヶ池を水源としており、水面との落差で高さ約3.5メートルにまで吹き上がっている。

【画像】兼六園 噴水

【画像】兼六園 噴水

兼六園に隣接している金沢神社。学問の神である菅原道真を主祭神とし、受験シーズンには多くの受験生でにぎわう。

【画像】金沢神社

【画像】金沢神社

兼六園から近い場所にある金沢21世紀美術館へ。ガラス張りで円形な外観が特徴的。

館内は、有料エリアの「展示ゾーン」と、無料エリアの「交流ゾーン」に分かれており、「展示ゾーン」には奥深いアートスティックな作品が展示されている。「交流ゾーン」にはミュージアムショップやカフェレストランなどがある。

【画像】金沢21世紀美術館

【画像】金沢21世紀美術館

観光が終わり、再び金沢駅へ。

【画像】金沢駅

【画像】金沢駅

駅ナカでお土産散策もしたところで、北陸新幹線で帰路に就くことに。

「金沢から北陸新幹線に乗る」というのが、この旅の楽しみのひとつである。

【行程マップ】金沢〜東京(北陸新幹線かがやき)

【行程マップ】金沢〜東京(北陸新幹線かがやき)

まだ開業して2年半。真新しい新幹線の改札口。

【画像】金沢駅新幹線改札口

【画像】金沢駅新幹線改札口

現在の北陸新幹線の終着駅は金沢駅だが、将来的には福井・敦賀方面まで延伸する見込み。

【画像】金沢駅 駅名標

【画像】金沢駅 駅名標

乗車するのは、北陸新幹線の速達タイプ「かがやき」。昨年、上越妙高駅から「はくたか」には乗ってみたが、「かがやき」は初めての乗車である。

【画像】北陸新幹線かがやき号 東京行き

【画像】北陸新幹線かがやき号 東京行き

途中の停車駅は、富山・長野・上野のみで、金沢駅から2時間半ほどで終点の東京駅に到着。

新幹線に乗るたびに思っていることだが、さすが早い、そして速い。

【画像】東京駅新幹線ホーム

【画像】東京駅新幹線ホーム

富山から「立山黒部アルペンルート」を経由して、信濃大町から松本経由で「あずさ」に乗って帰ってくるのもありかなと思ったが、「金沢から東京まで、かがやきで帰りたい」という欲があったので(笑)、今回はこのようなルートとした。

伊勢・飛騨地方・金沢の旅は、これにて終了である。

□今回の移動行程・距離(鉄道移動のみ)

  • 1日目
    東京→名古屋(東海道新幹線):366km
    名古屋→伊勢市(JR快速みえ):108.4km
    伊勢市→二見浦(JR参宮線):6.4km
    二見浦→伊勢市(JR参宮線):6.4km
  • 2日目
    伊勢市→名古屋(JR快速みえ):108.4km
    名古屋→下呂(JR東海道本線・高山本線):118.6km
  • 3日目
    下呂→高山(JR高山本線):48.1km
    富山→金沢(あいの風とやま鉄道線):59.4km
  • 4日目
    金沢→東京(北陸新幹線):450.5km
  • 総移動距離
    1272.2km
Sponsored Link
Sponsored Link

-旅行・訪問記


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【3日目】青春18きっぷ(春)@草津(滋賀県)~姫路城~福山(広島県)

前回:【2日目】青春18きっぷ(春)@掛川~リニア・鉄道館~草津(滋賀県) 青春18きっぷ(春)旅行は3日目に突入。 3日目の出発地である草津から東海道本線(琵琶湖線)の新快速に乗り込み、更に西に向か …

群馬【高崎・富岡・草津】旅行(Part2)@世界遺産への再訪

前回:群馬【高崎・富岡・草津】旅行(Part1)@高崎の観音へ 高崎から上州電鉄に乗車し、上州富岡へ。 目的地は、2014年に世界文化遺産に登録された富岡製糸場。 タイトルの「再訪」というのは、201 …

群馬【高崎・富岡・草津】旅行(Part1)@高崎の観音へ

8月初旬に群馬(高崎・草津・富岡)に行って参りました。 (投稿が遅くなってしまった・・・。記憶が薄らいでまう。汗) JR高崎線で高崎へ。上野から約2時間程で到着。 【画像】高崎駅 駅名標 到着した感想 …

伊勢・飛騨地方・金沢の旅(Part2)@2017年度・お伊勢参り2日目、そして下呂へ

◇伊勢・飛騨地方・金沢の旅 Part2◇ 前回:伊勢・飛騨地方・金沢の旅(Part1)@2017年度・お伊勢参り   旅行2日目。前日のお伊勢参りの続きからスタートである。 まずは、月夜見宮 …

最北端と最南端

日本の最北端と最南端の鉄道駅について紹介。 最北端が北海道の「稚内駅」、最南端が鹿児島県の「*西大山駅」です。 *厳密には、西大山駅は「JR日本最南端」の駅。沖縄都市モノレール線の赤嶺駅が日本最南端。 …

プロフィール


当サイトへのご訪問ありがとうございます。当方は鉄道が趣味であり、鉄道のコラムや旅行、お得な切符に関することを発信しています。

サイト内検索

Sponsored Link