旅行・訪問記

伊勢・飛騨地方・金沢の旅(Part2)@2017年度・お伊勢参り2日目、そして下呂へ

投稿日:2017年11月3日

◇伊勢・飛騨地方・金沢の旅 Part2◇

前回:伊勢・飛騨地方・金沢の旅(Part1)@2017年度・お伊勢参り

 

旅行2日目。前日のお伊勢参りの続きからスタートである。

まずは、月夜見宮を早朝参拝。

【画像】月夜見宮 入口の鳥居

【画像】月夜見宮 入口の鳥居

月夜見宮は、豊受大神宮(外宮)から徒歩10分程の場所にある別宮。

早朝の神社は空気が澄んでおり、いつもより神聖な空気を感じられる。

【画像】月夜見宮 境内

【画像】月夜見宮 境内

続いて、伊勢市駅から路線バスに乗り、皇大神宮(内宮)の別宮・月讀宮へ。

【画像】月讀宮 入口の鳥居

【画像】月讀宮 入口の鳥居

主祭神は、月夜見宮と同じ、月夜見尊(つきよみのみこと)。「月を読む」と記すとおり、月の満ち欠けを教え暦を司る神であることを意味している。

月讀宮は4つの別宮が並んで鎮座しており、

①月読宮
②月読荒御魂宮
③伊佐奈岐宮
④伊佐奈弥宮

・・・の順にお参りするのが一般的である。

【画像】月讀宮 境内

【画像】月讀宮 境内

月讀宮から徒歩で猿田彦神社へ。猿田彦神社の祭神は、道開きの神様と云われている猿田彦大神。

【画像】猿田彦神社

【画像】猿田彦神社

猿田彦神社境内に鎮座する佐瑠女(さるめ)神社も参拝。祭神は、縁結・芸能の神、天宇受売命(あめのうずめのみこと)。

【画像】佐瑠女(さるめ)神社

【画像】佐瑠女(さるめ)神社

猿田彦神社の本殿裏側にある御神田(おみた)。稲刈りは既に終わっていた。

【画像】猿田彦神社 御田(おみた)

【画像】猿田彦神社 御田(おみた)

お伊勢参りの最後を締めくくるのは、皇大神宮(内宮)。

平日にも関わらず、宇治橋前の鳥居付近は多くの人で賑わっていた。

【画像】皇大神宮(内宮) 宇治橋前

【画像】皇大神宮(内宮) 宇治橋前

皇大神宮の神苑。青空の下、広大な敷地と整備された庭園が美しい。

【画像】皇大神宮(内宮) 神苑

【画像】皇大神宮(内宮) 神苑

五十鈴川御手洗場。通常であれば、参拝前のお清めの場として人が集うのだが、この日は台風の影響による川の増水のため、立ち入りできず。

【画像】五十鈴川御手洗場

【画像】五十鈴川御手洗場

アマテラス様が祀られている正宮に到着。石段上の鳥居の先にある場所、そこは「聖域」である。

【画像】皇大神宮(内宮) 正宮

【画像】皇大神宮(内宮) 正宮

皇大神宮の参拝が終わり、おかげ横町へ。お伊勢参りとセットで、おかげ横丁巡りも恒例である。

【画像】おかげ横町

【画像】おかげ横町

お伊勢参りが終わり、次に目指す場所は日本三名泉のひとつ「下呂温泉」がある岐阜県の下呂。

伊勢市から名古屋まで行き、名古屋からは高山本線に直通する特急列車に乗り換えである。

【行程マップ】伊勢市〜名古屋〜下呂

【行程マップ】伊勢市〜名古屋〜下呂

名古屋から高山本線に直通する特急列車「ワイドビューひだ」に乗車。名古屋発の「ワイドビューひだ」は、岐阜から進行方向が変わり高山本線に入るので、名古屋〜岐阜の区間は座席の向きが進行方向とは逆になっている。名古屋を出発して慌てて座席を転回する人がいないように(転回することがダメということではないのだが)、車内アナウンスでもその旨を伝えてくれる。

【画像】特急ワイドビューひだ(名古屋駅にて)

【画像】特急ワイドビューひだ(名古屋駅にて)

名古屋から1時間40分程で下呂に到着。着いた頃にはあたりは真っ暗であった。この日は下呂に宿泊。

次回は、高山・白川郷へ。

Part3へ続く。

Sponsored Link
Sponsored Link

-旅行・訪問記


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

伊勢・飛騨地方・金沢の旅(Part4)@最終日〜金沢・兼六園、21世紀美術館へ

◇伊勢・飛騨地方・金沢の旅 Part4◇ 前回:伊勢・飛騨地方・金沢の旅(Part3)@高山と世界遺産・白川郷へ   伊勢・飛騨地方・金沢の旅・最終日。金沢からスタート。 行先は、金沢のメジ …

東北・新潟沿岸を巡る旅(Part7)@村上発→越後湯沢〜新幹線で帰路へ

■東北・新潟沿岸を巡る旅 Part7■ 前回:東北・新潟沿岸を巡る旅(Part6)@男鹿ナマハゲに出会う   旅は7日目(最終日)。岩手県の久慈駅からの「北海道&東日本パス」の利用は …

世界遺産・石見銀山散策

今回の行き先は、石見銀山。石見銀山とは、出雲市と同じ島根県内にある鉱山遺跡である。2007年に「石見銀山遺跡とその文化的景観」として世界遺産登録された。 前回:2017出雲大社(縁結大祭)参拝+玉造温 …

走る美術館、現美新幹線で行く@週末パスの旅(Part2)

土合のモグラツアーの続き。 越後湯沢から新潟へ向かう電車を調べていると、「現美新幹線(げんびしんかんせん)」と呼ばれる新幹線車両が存在することが判明。 現美新幹線の「現美」とは「現代美術」の略であり、 …

遠野物語の地を巡る

「遠野物語」をご存知だろうか? 遠野物語とは、柳田國男が明治43年(1910年)に発表した岩手県遠野地方に伝わる逸話、伝承などを記した説話集である。 その遠野物語の地を2012年に訪れた。実際の訪問紀 …

プロフィール


当サイトへのご訪問ありがとうございます。当方は鉄道が趣味であり、鉄道のコラムや旅行、お得な切符に関することを発信しています。

サイト内検索

Sponsored Link