お得きっぷ・格安プラン

南房総フリー乗車券@千葉の人気観光地「南房総」へ

投稿日:2017年3月21日

(2018/2/10 更新!)

観光そして地方からの移住先として人気の千葉県南房総。そんな南房総を列車で自由に周ることができる「南房総フリー乗車券」というお得なフリー切符が存在する。「南房総フリー乗車券」を紹介していこう。

南房総フリー乗車券の特徴

南房総フリー乗車券」とは、指定の発着エリアの駅からフリーエリアまでの往復と、フリーエリアでの指定路線の乗り降り自由がセットであるお得な切符である。また、フリーエリア内の観光施設で入場料や一部商品が割引になる特典も付いている。

【発着エリアと往復列車】

指定エリアの発着駅は、以下のいずれかを指定。発着のエリアによって価格も異なる。(価格に関しては後述)

  • 東京都区内
  • 総武線 市川〜千葉間
  • 京葉線 舞浜〜蘇我間

往復には普通・快速列車の普通車自由席が利用でき、別途特急券等を購入すれば特急列車等を利用することも可能である。

【フリーエリア】

フリーエリアでは、以下路線の乗り降りが自由となる。

  • JR普通列車の普通車自由席(特急列車等の利用には、別途特急券等を購入すれば乗車可能)
    ・内房線/外房線(木更津〜館山〜安房鴨川〜茂原)
    ・久留里線全線(木更津〜上総亀山)
  • 各バス会社線の指定路線
    ・JRバス関東
    ・天羽日東バス
    ・小湊鉄道バス
    ・館山日東バス
    ・鴨川日東バス
【画像】南房総フリー乗車券 発駅とフリーエリア

【画像】南房総フリー乗車券 発駅とフリーエリア

【価格】

※2018年2月現在の価格

南房総フリー乗車券 価格

南房総フリー乗車券 価格

【発売期間】

平成30年3月29日まで
※発売は利用開始日の前日まで(当日購入による利用は不可)

【有効期間】

2日間

【利用期間】

平成30年3月31日まで

南房総フリー乗車券の使用例

南房総フリー乗車券の使用例。フリー乗車券の価格の元が取れないパターンと、元を取ることができるパターンの2通りを挙げてみよう。

【使用例1】

東京駅出発で、フリーエリア内をぐるっと周り(途中、木更津と茂原で下車)、再び東京駅に戻ってくるパターン。しかし、ただフローエリアを周るだけでは、フリー乗車券の価格の元を取ることが出来ない。

東京→木更津 1,317円
木更津→茂原(館山経由) 1,144円
茂原→東京 1,317円
——————————————————
合計 3,778円

【使用例2】

東京駅出発で、館山と安房鴨川で下車し、それぞれの名所を観光。その後、安房鴨川から東京駅に戻ってくるパターン。南房総の観光名所のひとつである野島埼灯台へは、館山駅からJRバス関東の路線バス(フリー乗車券で乗り降り自由)でアクセスすることが出来る。このパターンで、フリー乗車券の価格より約2000円分も元を取ることが出来る。

東京→館山 2,268円
館山駅→野島埼灯台→館山駅 1,200円(JRバス関東の路線バス)
館山→安房鴨川 583円
安房鴨川→東京 2,592円
——————————————————
合計 6,643円

「南房総フリー乗車券」でお得に周るには、JR内房線/外房線だけではなく、フリーエリア内の指定路線バスもうまく利用すること。また、フリー乗車券は2日間有効なので、宿泊も絡めながらのんびり周遊するのがオススメである。

 

[オマケ]南房総の観光スポット

南房総の観光スポットをいくつか紹介。

  • マザー牧場
    • 子供から大人まで楽しめる観光牧場として親しまれる牧場のテーマパーク。
    • アクセス・・・JR佐貫町駅から天羽日東バスで約20分、「マザー牧場」で下車。
  • 大福寺(崖観音)
    • 船形山の絶壁に張りつくように建つ観音堂が特徴的。
    • アクセス・・・JR那古船形駅から徒歩15分。
  • 館山城(八犬伝博物館)
    • 城山公園山頂にあり、「南総里見八犬伝」に関する各種資料の展示がされている。
    • アクセス・・・JR館山駅からJRバスまたは館山日東バスで約10分。「城山公園前」で下車。
  • 安房神社
    • 房総半島最南端部の吾谷山山麓に鎮座する神社。
    • アクセス・・・JR館山駅からJRバスで約30分、「安房神社前」で下車。
  • 野島埼灯台
    • 房総半島の最南端野島崎に立つ灯台。「日本の灯台50選」にも選ばれている。
    • アクセス・・・JR館山駅からJRバスで約40分、「野島埼灯台前」で下車。
  • 鴨川シーワールド
    • 鴨川市に存在する大規模な総合海洋レジャーセンター・博物館相当施設。
    • アクセス・・・JR安房鴨川駅から無料送迎バス有り。
Sponsored Link
Sponsored Link

-お得きっぷ・格安プラン


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

縁結びパーフェクトチケットで出雲・松江をお得に周る

縁結びの地、山陰地方の「出雲路」。そこには出雲大社をはじめ、様々なスポットが点在している。 その山陰・出雲路をお得に周れる便利な切符がある。その名も「縁結びパーフェクトチケット」である。 縁結びパーフ …

【首都圏発着】東北・山形・秋田・北海道新幹線に安く乗る方法

もうじき8月。学校が夏休みに入り、家族旅行で遠出する方々も多いかと思います。 電車で遠出をするうえで気になるのが、電車の運賃や特急料金・・・。出来る限り安く済ませたいところ。 そこで、新幹線に安く乗る …

【2019年度版】秋季に全国を巡る〜秋の乗り放題パス

「秋の乗り放題パス」の概要 「秋の乗り放題パス」とは、「鉄道の日(※)」に合わせて発売される、日本全国のJR線の普通列車(快速含む)、JR西日本宮島フェリー、BRT(バス高速輸送システム)が乗り放題と …

夏休みに「JR東日本30周年記念パス」でお得な旅を

初夏の陽気が感じられる今日この頃。世間一般で言われる「夏休み」の時季もあっという間に訪れるであろう。その夏休み期間に、JR東日本エリアをお得に周ることが出来る「JR東日本30周年記念パス」が発売される …

【2019年度版】北海道&東日本パスで関東から信州・東北、そして北海道へ

ローカル線でのんびりと旅をしたい季節が近づき、そんなときは切符一枚で乗り放題の旅へ・・・。そこで「北海道&東日本パス」での旅はいかがだろうか? この切符は青春18きっぷと同じく、発売時期は通年ではなく …

プロフィール


当サイトへのご訪問ありがとうございます。当方は鉄道が趣味であり、鉄道のコラムや旅行、お得な切符に関することを発信しています。

サイト内検索

Sponsored Link