鉄道コラム

JR可部線の延伸(復活)

投稿日:

路線や列車の廃線・廃止のニュースが多い中、2017年春のダイヤ改正に伴い、広島県のとある路線が延伸開業された。その路線とはJR可部線。ただの延伸ではなく、過去に区間廃止となった路線の「復活」である。

可部線とは

可部線とは、広島県の「横川駅」と「あき亀山」を結ぶJR西日本の鉄道路線である。路線の営業キロ(横川駅〜あき亀山駅間)は、15.6km。全線単線、全区間各駅に停車する普通列車であり、日中は20分間隔で運行されている。

広島駅を起点に運転されており、あき亀山方面からのほとんどの列車は広島駅で折り返す。一部の列車は山陽本線・呉線方面へ乗り入れる。

【画像】JR可部線 路線図

【画像】JR可部線 路線図

過去の廃止、そして復活へ

利用者の減少に伴い、2003年12月1日に、可部駅〜三段峡駅間(営業キロ46.2km)が廃止された。廃止後も廃止区間を鉄道として再生しようという動きがあり、2017年春のダイヤ改正(3月4日)にて、可部駅〜あき亀山駅間(営業キロ1.6km)が延伸開業された。

一旦廃止されたJRの路線の復活は全国で初めての事例であり、この区間の延伸(復活)に至る過程には、地元住民の熱心な電化延伸運動が存在していた。

延伸区間の終端駅である「あき亀山駅」は、正式駅名が決定する前の仮称は「新河戸駅」(しんこうどえき)であり、400mほど可部駅方向に旧・可部線時代の河戸駅(こうどえき)が設置されていた。また、廃止された安芸亀山駅と区別するために「安芸」を平仮名表記にしている。

あき亀山駅〜可部駅の中間には、延伸に伴い「河戸帆待川駅(こうどほまちがわえき)」も新規開業されている。

Sponsored Link
Sponsored Link

-鉄道コラム


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

九州地方を走るバラエティ豊かな特急列車たち

九州地方では、バラエティ豊かな特急列車が多数運行されている。それはまさに「特急王国」と言っても過言ではないかもしれない。そんな見るものを楽しませてくれる九州の特急列車の一部を紹介して行こう。 目次1 …

旅の面白さって?

自分は旅行が好きですが、旅行のどこが好きなのか? 小さい頃から家族や親戚と旅行をすることが多かったので、それでいつのまにか好きになっていたのかと思います。 社会人になり、自分で好きなタイミングで計画を …

海のみやこ 宮古(岩手県)

岩手県の海沿いに位置する宮古市の中心駅「宮古駅」。 以前に岩手旅行で宮古を訪れ、宮古駅が印象に残ったのを覚えている。 特に、夕暮れに映る水色の屋根の駅舎が非常に印象的であった。(以下写真参照) 【画像 …

【行先表示】急行・大宮行き?

先日、乗車していた総武線快速が船橋駅に到着し、車内から東武野田線のホームを見上げると、大宮行きの電車が停まっていました。 「船橋で大宮行きの電車が見られるとは珍しいな。」と思い、よく見ると「急行」の表 …

新京成にフリー切符はあるのか?

千葉の松戸駅と京成津田沼駅を結ぶ新京成線。 この新京成線。自分の地元を走る電車で、当たり前のように利用している路線です。 【画像】新京成線(新津田沼駅にて) 先日、一日の内に何回か新京成線に乗る機会が …

プロフィール


当サイトへのご訪問ありがとうございます。当方は鉄道が趣味であり、鉄道のコラムや旅行、お得な切符に関することを発信しています。

サイト内検索

Sponsored Link