旅行・訪問記

日高本線〜襟裳岬の思い出

投稿日:

日高本線。北海道の苫小牧駅と様似駅を結ぶ路線である。

苫小牧〜様似間を約3時間半かけて運行し、全長は146.5km、旅客駅数は29駅に及ぶ。

【画像】日高本線 路線図

【画像】日高本線 路線図

日高本線の現状。一部廃線へ

日高本線は、2015年1月に起きた高波による土砂流出の影響により、鵡川駅〜 様似駅間が不通となっている。現在、列車が運行されているのは苫小牧〜鵡川間のみであり、鵡川〜静内間および静内〜様似間は代行バスが運行されている。

そして、JR北海道の厳しい経営状況等の理由により、鵡川〜様似間の一部廃線が2016年12月に発表された。

 

日高本線で襟裳岬に。そして帯広へ

日高本線が災害不通になる2年前に、日高本線で襟裳岬を訪問。

一部廃線になることを惜しみつつ、過去の訪問記を綴ります。

 

【訪問日:2013年8月】

出発は苫小牧駅。

苫小牧駅は、室蘭本線(千歳線直通含む)も乗り入れる。

【画像】苫小牧駅 駅標

【画像】苫小牧駅 駅標

日高本線「様似」行きに乗車。

車両とボックス席がローカルな旅気分を感じさせる。

【画像】苫小牧駅で発車待ちの日高本線(様似行き)

【画像】苫小牧駅で発車待ちの日高本線(様似行き)

目的は、襟裳岬の観光。

日高本線の終着駅である様似までは電車で行き、様似駅からは路線バスを利用して襟裳岬へ向かう。

襟裳岬の後は更に路線バスを利用し、帯広駅を目指す。

【画像】日高本線〜襟裳岬〜帯広 行程マップ

【画像】日高本線〜襟裳岬〜帯広 行程マップ

途中の静内駅では、長時間停車。全線単線の為、駅での停車時間も長い。

静内は日高本線の中では大きな駅であり、また列車運行上の要となる駅でもある。

【画像】静内駅に停車中の日高本線(様似行き)

【画像】静内駅に停車中の日高本線(様似行き)

静内駅の駅舎は大きく、新ひだか町観光情報センター「ぽっぽ」が併設されている。

【画像】静内駅ホーム

【画像】静内駅ホーム

日高本線は海沿いを走行する。この日は天気が良かったので、綺麗な海を車窓から見ることが出来た。砂浜に上げられているのは昆布であろうか?

【画像】日高本線の車窓から

【画像】日高本線の車窓から

苫小牧から約3時間半で、終着駅様似に到着。

【画像】様似駅 駅標

【画像】様似駅 駅標

様似駅の駅舎には観光案内所が併設されている。

様似駅から路線バスに乗り、襟裳岬へ。

【画像】様似駅 駅舎

【画像】様似駅 駅舎

様似駅から約1時間程で、襟裳岬に到着。

【画像】えりも岬観光センタ-とレストハウス

【画像】えりも岬観光センタ-とレストハウス

レストハウス内にある、在りし頃の「青春☆こんぶ神社」。青春☆こんぶとは、えりも町が生んだ萌えキャラクターである。青春こんぶも少し気になっていたので、この地に来ることが出来て嬉しい。

【画像】青春☆こんぶ神社

【画像】青春☆こんぶ神社

ちなみに、「在りし頃」というのは・・・、2016年1月にレストハウスが神社と共に火事で全焼してしまったらしい。。。

以前に訪問した場所が無くなってしまうというのはショック。復興に向けて頑張ってほしいです。

 

さて、襟裳岬は「風極の地」と言われるだけあり、年中を通じて風がかなり強い。風速10メートル以上の風の吹く日が、年間260日以上もある、日本屈指の強風地帯である。夏でも、その風のおかげで肌寒く感じられる程。

【画像】襟裳岬 石碑「風極の地 襟裳岬」

【画像】襟裳岬 石碑「風極の地 襟裳岬」

襟裳岬の先端へと続く道。一気に駆け降りたくなる。

【画像】襟裳岬先端へ続く道

【画像】襟裳岬先端へ続く道

襟裳岬「風の館」。風極の地である襟裳岬の風を有効利用したテーマ館である。

館内では風速25メートルが体験できるコーナーがあり、一体験の価値あり。

【画像】風の館入口

【画像】風の館入口

こちらが風速25メートルを体験できるコーナー。青春こんぶのキャラクター「霧夏」と「襟萌」と一緒に強風を体験できる。その強風は真っすぐ立っているのも困難である。

【画像】風の館内の青春こんぶキャラパネル

【画像】風の館内の青春こんぶキャラパネル

襟裳岬観光が終わり、今度は帯広駅へ。帯広駅へは路線バスを利用。襟裳岬から帯広駅への直通バスはないので、広尾で乗り継ぐ必要がある。

襟裳岬から広尾へは約1時間程で到着。この広尾は、元々は広尾線という廃線となった鉄道路線の駅であった。広尾バスターミナル内には鉄道路線の資料が展示されていたので、バスの待ち時間も飽きることなく楽しめた。

ちなみに、国鉄広尾線時代に、愛国駅〜幸福駅間の切符が「愛の国から幸福へ」として人気となり、一連の縁起切符ブームの火付け役となった。愛国駅と幸福駅には、廃駅となった今でも訪れる観光客が多いようである。

【画像】広尾バスターミナル

【画像】広尾バスターミナル

広尾から約2時間程で、最終目的地である帯広駅に到着。既に辺りは薄暗くなっていた。

【画像】帯広駅

【画像】帯広駅

日高本線のローカル満載な雰囲気と、襟裳岬の自然感は最高であった。

日高本線が一部廃線となってしまうのは残念だが、思い出はいつまでも心に残り続ける。

Sponsored Link
Sponsored Link

-旅行・訪問記


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

群馬【高崎・富岡・草津】旅行(Part2)@世界遺産への再訪

前回:群馬【高崎・富岡・草津】旅行(Part1)@高崎の観音へ 高崎から上州電鉄に乗車し、上州富岡へ。 目的地は、2014年に世界文化遺産に登録された富岡製糸場。 タイトルの「再訪」というのは、201 …

2019年初詣・高尾山薬王院へ

2月。例年よりも遅い初詣。 平成最後の初詣の場所は、高尾山薬王院。薬王院は、東京都八王子市の高尾山にある寺院であり、真言宗智山派の関東三大本山のひとつ(他のふたつは、成田山新勝寺、川崎大師平間寺)であ …

東北・新潟沿岸を巡る旅(Part4)@北三陸沿岸〜青森へ

■東北・新潟沿岸を巡る旅 Part4■ 前回:東北・新潟沿岸を巡る旅(Part3)@世界遺産・平泉(中尊寺)   今回の出発の地は宮古。宮古駅から三陸鉄道北リアス線に乗車し、途中、久慈を観光 …

群馬【高崎・富岡・草津】旅行(Part3)@良い湯草津温泉

前回:群馬【高崎・富岡・草津】旅行(Part2)@世界遺産への再訪 高崎からJR吾妻線に乗ること約1時間40分。草津温泉の玄関口である長野原草津口駅に到着。 草津温泉に行くには、ここからバスに乗車。 …

2018年初詣・武蔵御嶽神社を参拝

年が明けて2018年。 今年最初の旅は、東京都青梅市にある「武蔵御嶽神社」へ初詣。 武蔵御嶽神社(むさしみたけじんじゃ)は、東京都青梅市(武蔵国多磨郡)にある神社。武蔵御岳山の山上に鎮座する。櫛真智命 …

プロフィール


当サイトへのご訪問ありがとうございます。当方は鉄道が趣味であり、鉄道のコラムや旅行、お得な切符に関することを発信しています。

サイト内検索

Sponsored Link